初値結果



ダウの大幅下落が続く


毎晩のようにダウの下落が続いています。

初年最高値より20%下落したら、落ち着くのではと見ていましたが、30%近くまで一気に下落しました。

2017年の水準まで落ちました。

しかし、下落余地はまだあり、20,000ドルを割ると18,000ドルまで覚悟しなければと思っています。


その中で、本日3社同時に上場します。

3社とも大型ではないのですが、地合いが最悪です。その中でどのような結果になるか見ていました。




木村工機の初値結果

初値結果  2,050円



公募価格2,400円に対して、初値価格が2,050円とでした。

初値売りで35,000円の損失となりました。

3社の中では一番評価が低かったと言えど、業績はよく公募割れはしないと、見ていました。

上場のタイミングが悪かったと言えるでしょうね。


リグアの初値結果

初値結果  1,910円


公募価格1,950円に対して、初値価格が1,910円とでした。

初値売りで4,000円の損失となりました。

まさかこの銘柄が公募割れになるとは、地合いの悪さを改めて感じました。

業種は地味ですが、6億程度のマザーズ銘柄で、通常なら1.5倍以上は期待できる銘柄です。

初値形成後、公募価格以上になりましたが、引けにかけで下落しています。

B評価でも公募割れする中、初値売りの判断が重要になりそうです。



フォースタートアップスの初値結果

初値結果  1,628円

公募価格1,770円に対して、初値価格が1,628円とでした。

初値売りで14,200円の損失となりました。

初値形成後、一旦は公募価格を超え、逃げ場を作りました。

その後下落し、終わりかと思いきや後場で上昇し、引けでは2,000円を付けるなど、3社の中では一番の当たりでした。

しかし、D評価が無い中での3社とも公募割れ...

IPO市場が冷やされる結果でしたね。


本日の日本時間にダウ先物が700ドルほど下落していましたが、夕方確認すると500ドルほど上げており、一時的な反発に期待できそうです。
他のIPOブログをみるならこちら(o'▽`)っ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

SPONSORED LINK