上場




食材ロスは飲食業で改善したい大問題


学生時代にファミリーレストランでバイトしていましたが、店長が食材のロスにとても敏感でした。

まさしく、食材ロスこそ利益率低下につながり、必ずと言っていいほどロスは出ます。

期限切れの廃棄や発注ミス等、無くすことは不可能に近いでしょう。

食材ロスだけでなく、飲食店の様々な悩みを無くすための企画を提供している会社です。



ミクリードの上場情報

企業名7090 ミクリード
市場マザーズ
事業内容飲食店向け業務用食材等の企画・販売
上場日2020/03/16
想定価格890円
吸収金額9.53億円(想定価格ベース)
BB期間2020/02/27~2020/03/04
購入期間2020/03/06~2020/03/11
主幹事みずほ証券
参加幹事大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
マネックス証券
岡三証券
エース証券



第一印象は?


IPOで卸売業系は人気が無く、不安があります。

連続上場で資金が枯渇しそうな時期に上場はマイナス点で、業績の頭打ちなのも気になります。

売出の多さもネックで、唯一プラスの点は規模の小ささでしょうか。

マザーズらしくない銘柄ですが、公募割れはなんとか回避できるかといったところか。


現在の評価は?


第一印象の評価はCランクです。

当サイトはSからDで新規上場銘柄の評価をしています。

  • SランクからBランクは公募割れなしと判断し全力参加
  • Cランクは状況に応じて参加
  • Dランクは不参加

※ ただし、仮条件によって、評価は変更する場合があります。


成長力に不安があり、上場時の地合いの影響を受けそうな銘柄です。

初値はそれ程期待できなさそうです。



他のIPOブログをみるならこちら(o'▽`)っ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ

SPONSORED LINK